ジェルネイルが曇る・ツヤが出ないの原因

ジェルネイルが曇る・ツヤが出ないの原因

ジェルネイルをせっかく仕上げるだけなのに、クリーナーで未硬化ジェルをふき取ったら、曇ったり、つやがなくなったりべとべとする。未硬化ジェルふき取りタイプじゃなくて完全硬化タイプなのにべたべたする。

そうんなトラブルがあったら、なにが間違ってたんだろう?って思いますよね。

そこで、ジェルの仕上げが上手くいかない、トップコートを塗ったのに、なんかツヤが出ない場合の対処法と、失敗しないポイントをお伝えします。

まずは下記のポイントをチェックしてみてください。

ジェルはきちんと塗れていたか?

ジェルはちゃんとぬれていましたか?うす付き過ぎても、厚盛りしすぎても、ジェルはきちんと硬化できません。適度な量が塗れていないと、ジェルのツヤもでませんし、完全に硬化できません。また、カラージェルなど下に塗っているジェルの硬化不良があると、ジェルがシワになったりよれたりすることもあります。硬化時間はきちんとまもり、下のジェルの硬化がきちんされるようにしましょう。

完全硬化タイプなのに、溶液でふいていないか?

トップコートのジェルをきちんと塗ったか?特にジェリーネイルやグランジェはベースコートとトップコートのジェルが違います。容器はとてもよく似ているので間違ってトップコートをベースに、ベースコートをトップに塗ってしまうこともあります。そうなった場合、それぞれのジェルの特性が生かされず、曇ってしまったり、はがれやすくなってしまうこともあります。

また、完全硬化タイプなのに溶液で拭いてしまうと、ツヤがとれてしまったり、ジェル自体の特性が失われてしまいます。完全硬化タイプはふき取りが必要のないジェルです。

完全硬化タイプなのにべたべたと表面が曇る場合は、硬化時間が足りないか?ジェルの厚みが足りなかったり薄すぎたりしている場合です。

硬化時間が足りていない

硬化時間はメーカーによって変わってきますが、LEDライトになってからはかなり硬化時間が短く済むようになりました。とはいえ、LEDライトは反射しない光なので爪のサイドは光が当たりにくかったり、ジェルが爪のサイドに流れて、厚くなってしまっていた場合、光が十分に届かずに硬化時間が足りていない状態になっていることがあります。爪のすべての面にまんべんなくLEDライトの光が当たるようにしましょう。

新しいワイプでふきとっているか?

ワイプはいろいろありますが、スポンジタイプのワイプの場合、ワイプ1枚につき指1本だと思ったほうがいいです。なぜなら、せっかく溶液でふき取った未硬化ジェルが付着したワイプでさらに次の未硬化ジェルをふきとることになり、きちんと未硬化ジェルをふきとれていない状態になっているからです。

ワイプと溶液はケチらずにつかいましょう。クリーナーが足りていない場合も曇りの原因となります。

溶液を間違っていないか?

特に私の場合、シャイニージェルでよくやってましたが、シャイニージェルの溶液って、容器が同じだし、中の液体の色も透明でアセトンなのか?クリーナーなのか?判別がしずらかったんですよね。それでよくみないで、ジェルネイルを落とすときにクリーナーをコットンにたっぷり浸して、アルミホイルで巻いてたんです。でも10分たっても、20分たってもジェルが浮いてこない。なんでだろうとおもったら、使っていた溶液がアセトンではなくクリーナー。そりゃ落ちないですよね。

その逆もしかりで、ジェルネイルのトップコートを塗った後に、最後の仕上げのふき取りをしたあと、なんだからツヤがでない。どうしてだろう?と思ったら、ふきとっていたワイプにつけていたのがアセトン。そりゃ曇りますよね。

というわけで、こんなうっかり落とし穴があったりしますので注意。

また完全硬化タイプのトップコートなのに、ふき取りをすると、曇ります。

初心者さんにはうっかり気づかないこともあるので、これらのポイントが間違っていないか?曇ったりつやがでないなと思った時はチェックしてみてくださいね。

トップへ戻る