ピーラブルジェルと通常のジェルの違い

ピーラブルジェルと通常のジェルの違い

ジェルのタイプ

ピーラブルジェルというのが2015年の後半あたりからジェリーネイルのワンステップ、シャイニージェルのワンステップという形で販売され、人気が出ています。ピーラブルのジェルというのはノンサンディングで、クリアジェルの下地なしで塗ることのできるタイプのジェルです。オフも簡単でシールのようにペロンとはがすことができます。ワンステップ=ピーラブルと覚えておくといいですよ。その他のメーカーでもピーラブルタイプのジェルが出ていて、他にはHOMEIのピーラブルジェルやVETROのピーラブルジェルが人気です。

ピーラブルジェルの特徴と違い

ピーラブルタイプのジェルと通常のジェルネイルの違いはかなりあります。ピーラブルはマニキュアよりは少し強度がありますが、マニキュアと同じような感覚で楽しめるジェルです。

マニキュアは自然乾燥でOKですが、ピーラブルタイプのジェルはやはりLEDライトで硬化させる必要があります。完全硬化タイプなので未硬化ジェルは出ません。

ワンカラーで完結するため重ね塗りの必要がなく、うす付きでふき取り用溶液も必要がないため、本当にマニキュアと同じような気軽さで楽しめます。

ピーラブルジェルのメリット

それでは、ピーラブルジェルのメリットを見てみましょう

とにかく作業工程はシンプル。マニキュアとほぼ同じで、マニキュアと違うのは乾かす必要がなく、LEDライトで硬化できること。サンディングも必要ないので、すぐに塗れて、すぐに硬化させてという気軽さがジェルネイル初心者さんにはいいですよね。またシールのようにはがせるので、オフの時間がないのもうれしいです。

ピーラブルジェルのデメリット

ピーラブルジェルのデメリットは?

ピーラブルタイプはとにかく気軽に簡単にできるジェルではありますが、やはり塗る回数も少ないとうす付きなのでかけたりはがれたりしてしまいます。持ちは3日~1週間程度なのでマニキュアと本当に同じ感じです。容量のことを考えるとジェリーネイルのワンステップとかはすぐに使い切ってしまいます。マニキュアを乾かすのが苦手な人でジェルにしたいという人にはぴったりですが、ジェルの強度やぷっくり感、モチを求める人には向いていません。ただ。通常のジェル以外にお気に入りのカラーを一本持っておくと、ジェルが剥がれたときなどのリペアには便利ですね。

ピーラブルジェルはどんな時にいい?

ピーラブルジェルはどんな時に使える?ということを考えると、たとえば仕事で来週は爪は地味にしたい、来週は義実家で台所に立つのでジェルはオフしていきたい。そういったシチュエーションに対応できるのがピーラブルジェルです。なので好きなカラーを1~2本持っておいて損はないですね。ただ、わざわざジェルネイルキットとして買うには割高感が否めません。キットで買うならソルースジェルのようなキットの方がお得感があるので、ピーラブルはジェルネイルキットとして買うのではなく、カラージェルを単品で買ったほうがコスパ的にもいいと思いますよ!

トップへ戻る