キットと単品購入どっちが安い?のセルフジェルネイル

カラージェルが分離していたら?

ジェリーネイル 容器 ジェルの分離

こちらはジェリーネイルのカラージェルです。しばらく使わないで置いておいたら、クリアジェルと塗料が完全に分離してしまっています。

こうなったときは、ジェルの劣化ではないのでかき混ぜれば使えるようになります。

パールやラメ、ホログラム等が入っているジェルは特にパールやラメ、ホログラムはジェルの質量に比べると重いため、底に沈んでしまいます。

なので、ジェルの底からかき混ぜて、クリアジェルと塗料を混ぜ合わせる必要があります。

混ぜるためのスティックなども販売されていますが、爪楊枝などで静かに混ぜれば大丈夫です。この静かにというのがポイントで、ジェルを混ぜるときにぐちゃぐちゃとかき混ぜると気泡がジェルにたくさん入ってしまい、すぐに使えないからです。

ジェルに気泡があるままジェルを塗って硬化させると、気泡の部分が硬化時に潰れてクレーターのようにへこんだり、逆に気泡が膨らんででこぼこしてしまいます。

ジェルは静かに混ぜて、すぐに使えるようにするのが理想です。

ポリッシュタイプのジェルは分離しないの?

ジェリーネイル 容器 ジェルの分離

ポリッシュタイプのジェルも分離します。

こちらはソルースジェルのターコイズブルーというカラーですが、刷毛の根元の色が2色になっています。濃淡がありますよね。

これはボトル内のジェルが分離しているためです。

こういったカラージェルの分離は混ぜれば問題ないのでポリッシュタイプは蓋をしたまま上下左右に振ってジェルを混ぜます。

きちんとふたをした状態で振ったり、ゆっくり上下さかさまにしたりすることでジェルがまざるので、ポリッシュタイプのジェルの発色が微妙なときは、分離していると思って蓋をしてジェルを混ぜましょう。

ポリッシュタイプのジェルはジャータイプのジェルに比べて粘度が低いため、あまり分離もしにくいのですが、カラージェルの色やパールの有無、ラメジェルなどジェルの種類や質によって分離スピードも変わってきますので、ポリッシュタイプのジェルは使う前に、上下に振ったり、さかさまにしたりしてみてから使うといいと思います。

ジェルの発色が薄いと思ったら?

ジェルの重ね塗りをしても色味が色見本と違う!!と感じたら、カラージェルのジェルが分離していることがほとんどです。

カラージェルによっては、劣化や不良品もまれにあるかもしれませんが、たいていが分離が原因で発色が不十分なことが多いです。

ソルースやグランジェのようなポリッシュタイプの場合は容器の中身が見えないので、ジェルをアルミホイルなどに出してみて、分離していないか?確かめます。

分離していると、カラージェルのカラーに濃淡がでていたり、極端に濃い色と薄い色に分かれていることもあります。

その場合は一度しっかり蓋をして振ってみて、それでも改善されないようだったら、メーカーに問い合わせて返品・交換してもらいましょう。

まれにですがメーカーの在庫環境が悪く、気温の変化での劣化や輸入過程での気温の変化での変質もあったりします。

トップへ戻る